会社案内ファクトリーテクニカルエンジニア粕谷俊二マップ
イベント掲示板[連載]粕谷俊二のオフタイム採用情報



猫の里親が見つかりました!!

 
 子猫の里親が2匹とも無事決まりました。小さなアクシデントがありました。トラ猫なので、兄弟と思っておりましたが、1匹はメスでした。差し上げた方が獣医さんへ健康診断に行った際に判明したのですが、変わらず可愛がっていただけることとなり、ほっとしております。ありがとうございました。今後とも、末永く宜しくお願い致します。

 
 追記:今年で12回目となる弊社イベント、サンセットクルーズ&花火鑑賞会も天候による中止も心配されましたが、参加者皆様の普段の行いがよいせいか、天候は奇跡的に回復。クルージングはやや波が高くスリリングな運行となりましたが、それでも喜んでいただけたので、船長の粕谷も舵取りがいがあったと、その後の花火鑑賞会でのお客様との会話がはずみました。また来年開催いたしますので、是非遊びにお越し下さい。


急募!! 里親募集。もらってよ、子猫!!!

オス♂ 約3ヶ月 ご興味のある方、是非お気軽にご連絡下さい!!

最近では珍しい完璧なトラ猫!!

得意は脚登りだぞ!

興味がある方は、一度会いに来てね!

 尻尾の長い、茶トラのオス猫です。珍しくお腹まで綺麗なトラ模様があり、ハンサムな顔立ちが特徴です。性格は、おっとりとしていて、とても人懐こく、いつも人の後を着いて回って歩きます。

 人がソファーに座ると我先に膝に上がり、ゴロゴロと鳴いて顔を見上げてくる姿には心を癒やされます。運動神経抜群!とても健康な子猫です。
 
 また、三ヶ月近くまで母猫がきちんと育て、自然な親離れをしており、産まれた頃から人に近い環境で過ごしておりましたので、他の猫との協調性もあり、人間にも懐こい子に育っておりますので、初めて飼う方には最適。もちろん二匹目、三匹目として飼われる方にもすぐに馴染むかと思います。

 トイレ教育は完璧です。

第12回 花火鑑賞会 &サンセットクルーズ!!

2016年8月27日(土)
 
 今年で12年目を迎えた恒例のイベント、花火観賞会&サンセットクルーズを
8月27日(土)、八景島海浜公園で開催される金沢花火大会に合わせて開催します。

 
 当日は、チームオレカがマリン用品開発、そして釣りに使っているパワーボートに集い、八景島シーパラダイス周辺をサンセットクルーズへ。さらには、帰港後に目の前で上がる花火大会をゆっくりと観戦します。

 フィッシングボートでのクルージングは、豪華クルーザーのように優雅にとはいきませんが、普段、お世話になっているお客様への感謝の気持ちを込めて、スタッフ一同で、スポーツカーを楽しむことに相通じるパワーボートの世界へと皆様を誘います。海で流れるゆっくりとした一時、マリンスポーツの良いところは家族でゆっくり出来ることです。エコカーとは違って、メンテナンスに手間の掛かるスポーツカードライバーに寛容な奥様、お子様を是非お誘い合わせ下さい!

 もちろん参加費は無料、定員があるため締め切り間近です。詳細はお問い合わせ下さい。



第11回 花火鑑賞会 &サンセットクルーズ!!

2015年8月22日(土)

今年の花火は、新しいスタイルのものが数多く、

八景島の夜空を綺麗に飾りました。

ご参加いただきありがとうございました。


今年は天候がよく、サンセットクルーズが大盛況でした。
  
昨年に引き続き、お客様のご好意で開店する、「Bar ORQUE」がさらにパワーアップ。フリードリンクとは思えないカクテルの美味しさが大好評でした。

第10回 花火鑑賞会 &サンセットクルーズ!!


2014年8月23日(土)

今年も皆様に楽しんでいただき、スタッフ一同

開催してよかったと考えております。

来年の夏、またお会いしましょう。



第9回 花火鑑賞会 &サンセットクルーズ

2013年8月31日(土)

満員御礼 ありがとうございました


これからも、何らかの形で年に一度はお客様と

楽しむイベントを開催したいと思います。



第8回 サーキットエクスペリエンス

with ADVAN


2012年10月28日(日)

チームオレカとサーキット走行を楽しもう!!!


ご参加頂きました皆様ありがとうございました

 今年で7年目を迎えた恒例のサーキット走行会を、10月28日(日)、袖ヶ浦フォレストレースウェイにて開催。いつものように楽しく無事故で終えることが出来ました。

 当日は、ドライビングレッスン、ヨコハマタイヤのご協賛による最新のスポーツタイヤを装着したクルマでのプロドライバーの同上走行。そして、レースを実体験して頂くプログラムとして好評を博している、予選によるタイムアタックと、F1レースと同じスターティング方式を採用した、本格的な決勝レース走行を行いました。

 安全に、アクセル全開でサーキットを走る楽しさを、これからも私達は皆様に体験して頂きたく、来年も開催したく思います。また、袖ヶ浦フォレストレースウェイ、オートリファイン様のご協力により、走行料金は非常に安価にすることが出来ました。さらに、たくさんの参加賞を皆様にご提供出来たこともあり、コストフォーバリューの高いイベントとなりましたことを、この場におきましてお礼申しあげます。来年も、皆様のご参加お待ちしております。
           今年は新しい試みで、午前中の貸切走行としました。
           終了式は、皆でランチを囲み、和気藹々と・・・びっくりするような
           高額の商品に皆様の笑顔がこぼれました。


今年も好評の同上走行を行いました。
リクエストにお応えし、参加者の愛車を運転
して一緒に走ることも!!
   1回目の走行の前半は、サーキット
   初心者に向けたトレーニングメニュー
   を用意し、徐々にペースアップする
   ことによって、サーキット走行を安心
   して楽しんで頂けるようにプログラム
   しました。
2回目は、予選さながらに各車タイム
アタックを行い、ポールポジションを
目指し、皆様に全力で走行頂きました。
   3回目の走行は、決勝レースへ向け
   ての前半15分のウォーミングアップ
   走行から開始。クルマも体も温まっ
   たところで、決勝グリッドから10週の
   レースバトルが繰り広げられました。
   もちろんスタートはF1方式!シュー
   マッハーVSアロンソの気分を楽しん
   で頂きました。
ラップタイムは、ストレートエンドにリアル
タイム表示されるので、走しりながらタイム
アップを確認することがでることから、
スキルアップを実感しながらプラクティス!!
    サーキット走行には、クルマの
    コンディションチェックが大切です。
    弊社イベントではメカニックがいつ
    でも迅速な対応が出来るように
    待機しているので安心です。
           

2011年ドライビングレッスンのレポートはこちらから 
2010年ドライビングレッスンのレポートはこちらから 
2009年ドライビングレッスンのレポートはこちらから
 
2008年ドライビングレッスンのレポートはこちらから 
2007年ドライビングレッスンのレポートはこちらから 
2006年ドライビングレッスンのレポートはこちらから 




粕谷俊二 ラジオ番組出演情報!!

オレカテクニックイデアル代表を務めます粕谷俊二が、ラジオ出演することとなりました。
番組は、「杉崎智介の気弱な深夜Radio」。前週のゲストは、石破しげる元防衛大臣。
今の若者へ送る男のメッセージが人気の深夜番組です。是非お聞き下さい。

局名:FM-FUJI(78.6)
番組名:「杉崎智介の気弱な深夜Radio」
http://www.fmfuji.co.jp/sugikiyowa/
放送日:2012年7月28日(土) 25:30〜27時




復興の大きな足枷となっている瓦礫の撤去と、

動物保護のお手伝いに、東北へ伺います!!

つきましては、瓦礫処理に困っている方、保護されている

動物の餌を必要とされている施設の情報の提供を

宜しくお願い申し上げます。

 

 岩手、宮城、福島の沿岸部だけでも2,300万トン余りの瓦礫が残され、復興の大きな足枷となっています。当初計画されていたように、日本各地への搬送、焼却処理は、放射能問題の懸念から頓挫しており、未だに90%以上が未処理のまま片付けが進まない状態にあるのです。

 そこで、私達は自分達の手足で出来るお手伝いが出来ればと考え、スタッフ全員で、社有のトラックとワゴンに積載出来る約3トンの瓦礫の片付けと回収にお伺います。撤去できる量は僅かに過ぎません。しかし、小さな一歩を踏み出し、放射能による被害を恐れるあまり、同じ日本人でありながら、東北の方が困っていることを知りながら、瓦礫を受け入れることを拒む情けない状況を解消する気運を作りたいと思います。

 動物の餌を持参しますので、必要とされる施設に配ります。また、お手伝い出来る時間があれば、犬の散歩や施設の清掃の手伝いをさせて頂きたいと考えております。要望がございましたら、ご遠慮なくお知らせ下さい。

 持ち帰った瓦礫は、弊社保養所内に接地されている、暖房設備の燃料として使用し安全を確認の上、敷地内に埋葬します。 





チャリティーオークションの収益金は、

「動物愛護 ノラ猫に光を!」へ、

寄付させて頂きました



 チャリティオークションの収益金は、熟考の上、福島原発周辺の立ち入り制限区域で、いまだ餓死の危機に直面している動物達の保護活動をしている団体「動物愛護 ノラ猫に光を!」へ寄付させて頂きました。多くの団体の中から選ばさせていた理由は、大きな後ろ盾に頼ることなく、自ら現場に足を運び、手弁当で保護活動をされているからです。面識も、縁もない私共の突然の申し出にも関わらず、快く受け取って頂けました。協力したい、と思う方は是非寄付をお願いします。

「動物愛護 ノラ猫に光を!」の活動は、以下のブログにてご覧頂けます。




被災者の方々で動物を飼われている皆様へ

非難住宅提供のご案内


(詳細はお問い合わせ下さい)



 オレカテクニックイデアルでは、東北地方太平洋沖地震に伴い、住まいを失われた方、もしくは原発事故の影響により避難勧告を受けられた方で、犬や猫、鳥等(動物の種類はご相談下さい)の動物を飼われていることから、避難所での生活に困られている方を対象に、静岡県東伊豆町にある、弊社保養所を一時的に貸し出すことと致しました。
利用希望の方は、申し込みをお願い申し上げます。


 

1 受け入れ施設

  静岡県東伊豆町熱川


2 受入開始日時

  平成23年4月18日(月曜) 予定



3 受入可能人数

  2世帯 最大8〜10名


4 受入期間

  当面、3ヶ月を予定


5 注意事項

  @抽選となります。

  A申込の際は、人数、動物の数、種類をお知らせ下さい。

  B別荘地ですので、現地での買い物等の移動には自動車が必要です。
    お持ちで無い場合はご相談下さい。貸し出し車両も1台用意する予定です。

  C日常生活に必要な設備は全て揃っておりますが、自宅同様に掃除、洗濯、
    食事の用意はご自身でお願いします。

  D電気、水道、ガス代は弊社にて負担します。

  E鍵の管理はご自身でして頂きます。また、退去の際には、建屋が現状と
    変わらないよう願います。







皆様のご協力に感謝申し上げます



 
 3月22日(火)早朝、積めるだけ資材をバンへ押し込み、私達は小雨の降る中、福島県いわき市へと出発致しました。緊急車両のみの通行が許される常磐高速を使うことができたので、現地へは思ったよりも早く、10時半には到着。早速被災地において、食べるものに困窮している動物達へ餌を与えました。街は報道にあるように、津波で大きなダメージを受けていました。その様子は、言葉では説明し難いものであり、また写真を撮る気にもなれないほど変わり果てた姿となっていました。

 被災者の皆様の心痛を思うと、果たしてその痛みを少しでも和らげることができるのか、自信はなかったのですが、会場に到着し、現地の方と合流すると、今日この日をものすごく楽しみにしていたんですと伺い、スタッフ一同俄然気が引き締まりました。

 4時の炊き出し開始に向け、お昼から準備を始めていくと、人の輪が輪を呼び、現地の様々な方が食材を持ち寄り、さらには自衛隊の支援物資の補給や、温泉組合の方にも積極的に支援を頂き、当初はささやかな炊き出しを、と考えていた私達の思いは、想像を遥かに超える大きさに膨らんでいました。数えることは出来なかったのですが、地元FMに新聞といったメディアのPRもあり、気が付けば500名以上の方にいらして頂きました。聞けばほとんどの方は、自宅で電気、ガス、水道が止まり、また食料の調達もままならずに、今日まで過されていた方とのこと、温かい食事を食べたのは久しぶりだと、喜んで頂けました。

 夜10時過ぎに横浜へ戻り、片づけをしながら振り返ると、至らないことが多々あったことに反省しきり。それでも、福島を離れる際に、参加者の方から頂戴した、たくさんの「ありがとう」の言葉を思い起こすと、少しは役に立てたのかなと、心に温かいものが湧き上がりました。様々な方にご協力を頂き感謝しております。誠にありがとうございました。






いわき市炊き出し開催のお知らせ

場所:3月22日(火) 福島県 いわき市 湯本駅 鶴の足湯



場所とセンターへ問い合わせのお願い、

ご希望の物資があればお届けします、ご連絡下さい


 
 明日3月22日、火曜日は臨時休業とし、原発事故の影響から救援が進まない福島県のいわき市へ、スタッフ総出で炊き出し、輸送救援活動へ伺わせて頂きます。つきましては、現地の情報が混沌としていることから、皆様の協力をお願いします。
 
 当日、夕食に200食(なるべく多くする方向です)の温かいお食事をご用意する予定です。場所はいわき市災害救援センターから連絡を頂き、「いわき市 湯本駅 鶴の足湯に隣接する市民広場」に決定致しました。いたらないことも多々あるかと思いますが、私達ができる精一杯の、お手伝いをさせて頂きたく存じます。時間等の詳細は、センターの方に調整頂いておりますので、お問い合わせをお願い申し上げます。
 
 また、非難の際、猫や犬といったペットが行方不明の場合、餌を与えることが出来ず心配されている方、その場所もお知らせ下さい。可能な限りの救援を行います。また、ペットフードを搭載して行きますので、ご入用の方は広場までお越し下さい。

 さらに、物資の輸送も手伝えるようレースチーム使用の大型バンで出向きますので、ご希望の際はご遠慮なくご用命下さい
尚、現場へ向かう車には、まだ搭載スペースを残しております。ご入用な物資ございましたら、あわせて情報頂きたく、ご連絡お待ちしております。
 
 日本は一つ。被災者の方に、今、弊社のできることをさせて頂きたく、情報につきまして、ご協力を宜しくお願い申し上げます。




東北地方太平洋沖地震について


 3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
 地震により、商品の発送など、サービスの一部に影響が出ております。
お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒、ご了承頂けますようお願い申し上げます。


雑誌情報


NEW!!

 発売中の「LE VOLANT 4月号」YOKOHAMA ADVAN RACING ホイール紹介ページに、
オレカオリジナルエアロパーツ装着のABARTH500が掲載されました。

 発売中の「オートファッションインプ 3月号」ホイール&エアロ特集に、オレカオリジナル
エアロパーツ装着のABARTH500が掲載されました。

 是非ご覧下さい!!





ORQUE ABARTH in Tokyo Auto Salon

 東京オートサロンにて、ヨコハマタイヤブースに新製品となるカーボン製エアロパーツを装着したアバルト500を展示致しました。フロントスポイラー、リアスポイラー、リアアンダーディフューザー、ミラーカバー、フロントバンパーカナードの5点をラインナップ致します。予約受付中ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

159Q4 288R」 デモンストレーション中
 日ごろより多くのお問い合わせを頂いておりますコンプリートカー "159 288R” を、弊社ファクトリーにて展示しております。マフラーサウンドのご視聴や、エアロパーツの装着イメージの確認に、是非お気軽にご来店下さい。
ページのトップへ戻る